スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
T6技名 - 2:アップ(・)ストローク
category: [T6] 技名
ミゲルの技名は大抵音楽関係(取り分け弦楽器)のものから取られています。
先に説明したサイクロンスラップのスラップも、実はビンタだけでなく
スラップ奏法(日本ではチョッパーとも言います)というベースの弾き方があるのです。

そんなミゲルなのですが、実はどう見ても
「これ適当につけちゃったよね」っていう技名が存在します。
それがアップ(・)ストローク。
なんだこの括弧は?とお思いでしょう。

アップ・ストロークは、LPRPRKで出る
ジャブ〜裏拳〜上段蹴りの連携技。
技後は1フレーム有利でサヴェッジスタンス(以下SS)に移行可能です。

アップストロークはSS中3RPで出る浮かし技。
ダメージが大きくダウンにも当たりますが隙は甚大です。

アップ・ストロークとアップストローク。
口で言っただけでは違いがまず伝わらないこの2つの技。
ここからは推測になりますが、ミゲルの技名には
アップストロークとダウンストローク(SS中RP)や
チョークダウン(SS中4LPRP)とチョークアップ(SS中4LPRK)のように
対になっている技名が存在します。
恐らくアップ・ストロークが先に存在し、
その後で振り上げる技と振り下ろす技を
対になる技名として設定したかったがために
アップストロークが生まれてしまったのではないでしょうか。
もうちょっと考えてほしかったところではありますが。

アップストロークはギターやベースの奏法で、
高音弦〜低音弦(下から上)に弾く奏法です。
ダウンストロークは低音弦〜高音弦(上から下)に弾く奏法なので、
SS中の技は名前にかなったモーションと言えますね。
となるとアップ・ストロークは何故そんな名前になったのか、
モーション面から見てもふさわしくないです。
誤植?

余談ですが3LPRPはチョーキングピックアップで
SS中3LPはピックアッパーという名前です。
危なく第二のアップ・ストロークがうまれるところでした。
ナムコが3LPRPを安直にピックアップっていう名前にしなくてよかった。
comments(2), trackbacks(0)
T6技名 - 1:サイクロンスラップ
category: [T6] 技名
ミゲルのホーミング技はサイクロンスラップと言います。

サイクロンとは低気圧のことをさします。
ですが、いきなり低気圧とか言われても困ります。
ここでいうサイクロンとは、おそらくトロピカル・サイクロンのことでしょう。
トロピカル・サイクロンとは熱帯性低気圧、
つまり台風だとかハリケーンのようなもののことです。
まあ広範囲に暴風雨をもたらすような天気のことですね。

さてこのサイクロン、南半球と北半球で回る方向が異なります。
サイクロンの地上付近での回転方向は、北半球では反時計回り、
南半球では時計回りと常に決まっています。

ここでミゲルのサイクロンスラップに話を戻すと、
サイクロンスラップはミゲルの右側から左側へ回転、
すなわち反時計回りの回転攻撃です。
サイクロンスラップは、北半球サイクロンスラップなのです。

それを裏付けるかのごとくミゲルの出身地はスペイン、
北半球も北半球、まごうことなき北半球です。
名実ともに北半球サイクロンスラップと呼べると思います。

ちなみにスラップとは「ビンタ」のことですが、
サイクロンスラップは回し蹴り→超大振りフックです。
これはサイクロンの勢いでビンタをしたほどの
威力を持つ攻撃なんだよ〜ってことでしょうね。
どっちかっていえばセパレーションフック(RPLP)の方がビンタっぽいし。
comments(5), trackbacks(0)
New Entry.
Category.
Archives.
Comment.
Trackback.

Profile
Calendar
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search