<< T6BR - アリサ(続) | main | T6BR - コンボ締め >>
スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
T6BR - 背面ストップビット
category: [T6BR]
背面からストップビット(LPLP)をヒットさせると、
その有利フレから非常に破壊力ある攻めを展開できます。
以下そのネタを公開。

ストップビットヒットから→

■ストップビット
しゃがみ振り向き以外に確定。
なんと立ち振り向きが全く間に合わず、
再び背面状態でヒットするので再度同じような状況で攻めを展開できます。
当て続けるとだんだん間合いが離れてしまうので、3回までが限度です。
3回目を当てた後はオーバーフロー(6両P)が確定。
初見はこれで大ダメージが取れそうです。

■オーバーフロー(6両P)
全選択肢に確定。
ただし相手が半分振り向いた状態で確定となるため、
続いての攻めは正面ヒット時の普通の攻めになります。

■サイクロンクラッキング(3LPRK)
全選択肢に確定。
立ち振り向きは振り向きが間に合わないため、
相手が背面状態で連続ヒットとなり再び優位な状態で攻められます。
投げ振り向きはカウンターヒットしないため、
1発目のみ確定。

■ダイナミックレンジ(4両K両K)
しゃがみ振り向き、投げ振り向きに確定。
このとき相手がしゃがみ振り向きだと背面ヒットとなり
間合いが遠くコンボが困難なため、出し切りを推奨します。
立ち振り向きだとガードされます。

■まとめ
安定確定の選択肢はサイクロンクラッキング。
立ち振り向きを読んだらストップビットでループ。
ストップビットを嫌がってしゃがみ振り向きしたらダイナミックレンジでコンボ。
有利フレがすごいので、あとは適当にアレンジしてください。
試してたときは気付かなかったけど、
コンビネーションダウンタイム(RPLKLK)
とかも熱いかもしれませんね。
受け側になった場合、投げ振り向きは全ての選択肢に対しダメージを食らうため
あまり良い選択肢ではないかと思いますが、サイクロンクラッキングは1発のみ、
ストップビットも食らうもののループはないことを考えると
全否定しなくてもよい選択肢かもしれません。
ただしダイナミックレンジは通常ヒットとなるため、
しゃがみ振り向きよりダメージが増えます。

・おまけ
インバウンドキック(9RKRK)が、
1発目ガード時、リリの左横移動に安定で避けられました。
右で避けられることは広く知られているところですが
他キャラでも左で安定避けできるのでしょうか?
あまりにもバレバレなインバウンドは慎むべきですね。
comments(0), trackbacks(1)
スポンサーサイト
category: -
-, -
Comment.
Add a comment.
name:

email:

url:



Trackback.
url:
鉄拳6BR 変更点39
システム ほかキャラ考察 自己満足鉄拳攻略 http://blog.livedo...
2009/01/06 5:01 PM, from ina tekken
New Entry.
Category.
Archives.
Comment.
Trackback.

Profile
Calendar
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search