<< T7 - 21 | main | T7 - 22 >>
スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
T6BR - サンドボックス
category: [T6BR]
 66RKで出るサンドボックスという技があります。
それなりに使える技だとは思うのですが、私以外のアリサ使いが
使用しているのをあまり見かけたことがないので、
技性能を解説していきたいと思います。

中段の膝蹴りで突進し、ヒット時236or214LPを入力することで
追撃の派生が出てまとまったダメージ(47)を取ることができます。
ガード時は通常-10程度(ina wikiによると-11)の確反を受けます。

この技には優れた点が3つあります。
先端ガードで反撃を受けなくなること、
リーチの長い中段であること、
ダメージがそれなりに高いことです。
順に解説します。

この技は攻撃判定が持続するタイプの技であるため、
先端 = 攻撃持続の終わり際をガードさせることで
純粋に不利フレームが減る上、間合いも離れ確反がなくなります。
うかつに確定を入れようとワンツー系を振ってくる相手なら
しゃがんでスナップショット(立ち途中RP)や
相手のPのリーチ次第でバックダッシュでスカすこともできます。

リーチの長い中段ということは、
遠〜中距離からのディープリンク(1LK)の差込を警戒している相手に
ディープリンクも届かない間合いから中段攻撃を仕掛けられることをさします。
ダメージが47あるため、相手も中距離はリニアナックル(666RP)と
ディープリンク対策のしゃがみという行動を取りにくくなるはずです。

ところがデメリットも3つあります。
間合いの見極めが難しいこと、
横にとても弱いこと、やられ判定が先に出ること。
このデメリットがかなり大きいため、使用には注意が必要です。

先端以外のガードであれば確反を受けます。
-11は基本的には30弱(キャラによっては30オーバー)のダメージを受けます。
しかし先端ガードする間合い = 1回のバックダッシュでスカされる距離、
であるためにこの見極めが難しいのです。

またこの技は中距離から仕掛ける技でありながら横に弱く、
スカ硬直も長めなため横移動が多い相手には全く効果を発揮しません。
横移動が必然的に少なくなるキャラ、
カポエラやジャック、クマなどに使っていくといいかもしれません。

最後にやられ判定が攻撃判定より前に出ます。
このため、相手の置き技にとてもひっかかりやすくなっています。
置き技が強いキャラには特に注意が必要です。
ハイキック、風神拳、右アッパーなどには基本的に無力です。

以上、メリットもあればデメリットもある技ですが、
うまくメリットを活かしつつデメリットを受けない場面を見極めれば
比較的ローリスクで中距離からのディープリンクとの二択に使えると思います。
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
category: -
-, -
Comment.
Add a comment.
name:

email:

url:



Trackback.
url:
New Entry.
Category.
Archives.
Comment.
Trackback.

Profile
Calendar
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search